ECサイトへの導入

ECサイトに動画を導入する場合は単に商品画像の角度を変えたシーンを準備するというよりも、実際に使っているシーンを複数準備する事によって実際に自分が使っている時の画面を想像してもらいやすくなりますから、購買力を引き出す事がたやすくなります。特徴や機能の説明も一目瞭然ですから文字だけで伝える不備をフォローできるのも動画製作のメリットです。

自力で作れば消費者目線でのよりリアルな説明にはなりますが、経費を大幅節約できるのと引き替えに完璧な商品画像を作るためのテクニックを持つ事と、思い描いた通りに動画編集できるセンスを求められるなど、素人には若干ハードルが高い作業になってしまいます。さらにプロのECサイト陣と肩を並べての商品PRとなるわけですから、体裁もある程度整えないと思い描くような収益をあげる事ができなくなるのは想像できます。やはり見栄えも考慮して動画製作業者に依頼した方が無難です。

商品説明は購買力を高めるだけではなく、商品への問い合わせを増やす効果もアップしますし、まずは観てもらうことが重要です。動画には静止画以上にインパクトを与えますから、やはり導入するならECサイトのコンテンツとして設置しても良いのではないでしょうか。そのためにも数ある動画製作業者の中から、自社イメージを忠実に表現してくれる実力と実績のあるところを選ぶ必要はあり、単に商品を見せるというだけではなく、魅力と購入するメリットを強烈に相手の理性に訴えかけるための手法も重要です。扱っている商品が形のないものや持ち運びが困難なものであった場合は、特に動画説明は重宝します。

『関連リンク』動画制作・動画広告ならムビラボ – Webに特化した超安価型動画制作・動画広告動画制作・動画広告ならムビラボ

 

動画広告の成功術

動画制作業者によって制作された動画による商品説明は、SNSにもアップされていますから余計な説明もいらないほど、PRには欠かせない重要コンテンツとなっている表現方法の1つですが、採用している企業の種類はまだ多いとは感じません。どうしてもテレビCMのように高額というイメージが浮かんできてしまう難点があるからです。

しかしながら動画の活用方法は無限大に広くあらゆる表現ができますから、同じ商品説明であっても視点を変えるとまったく違うイメージに仕上がります、業者によっても得意な事と不得意な事がわかれてきますから、商品説明をいかなるコンセプトでしたいかなど具体的な部分でアイディアを絞っておくと、業者選びをするにも楽ですし思い描いた通りの動画に仕上がるはずです。

具体的な例としては商品の特徴に加えて決済方法や付随する特典および発送方法など、ホームページでは3ページ以上にわたりそうな内容をたった1~2分の画像説明だけでできてしまうのも動画の魅力です。視聴覚障害者向けの対応として字幕付きの動画も作成できますから、より幅広い消費者向けの動画に仕上がります。

化粧品やサプリメント商品を説明する動画の例では、商品に含まれている原材料の説明や安全性および使い勝手の良さを、アニメーションも加えて視覚に訴えますから、より効果的なPR広告になります。購入後の使い方説明を画像で見せる事によって思い違いを避けて、正確に言いたい事を具体的に伝える事もできます。動画にバックミュージックをつける事によってイメージはなおふくらみますし、感覚的な刺激から安心感や信頼感へスムーズに移動する事も可能となります。